USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第129話 "Man of the People" 「生命リンクテレパシー」

プロローグより
第6シーズン 製作番号229 本国放送順128 日本放送順127
放送日1992/10/5
宇宙暦46071.6 [西暦 2369年]
監督Winrich Kolbe
脚本Frank Abatemarco
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.11」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 6」 (パラマウント) Disc 1 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第66号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
62/100点 [投票数 13]
感想 投稿者tricle 日時2002/4/16 15:04
多分、TNGの中でも最悪のエピソードではないかと思います。この説得力のない設定は、ひどいと思います。(実は「Salek」の醜悪なセルフ・パロディのような気もしますが)マリーナ・サーティスの乱れる演技がみどころではありますが・・・・・
投稿者 日時2002/5/2 10:05
ディアナが突然、年をとったのは驚いた。あまりにも痛々しいー
そんな中で、たとえ沢山の女に出会っても、ライカーの大切なひとはやっぱりディアナなのだとおっもた。
投稿者shojiK_99 日時2002/5/2 15:26
最初に登場した、おばあちゃん役の女性は僕の好きな人に
そっくりでした。

本作品のテーマは考えずに、何故あれほど似合いであった
ライカー副長とトロイが後に分かれてしまったのか・・を
考えながら見てしまいました。

ピカード艦長が、何を守り何を嫌うのかが良く分る作品で
した、しかしそのことは我々大多数の人間が何かの犠牲の
上に生きていることの揶揄であると悟るのに時間は要しま
せん。

p.s.スーパーチャンネルのTNGフイルムは昨年当りから
ひどく痛んでいると思います、視聴に耐え兼ねる物です。
投稿者背番号26 日時2002/6/14 20:40
400才の少女じゃないんだから・・・TNG久々ですが、中だるみしてますねー
投稿者城井 日時2003/1/30 19:25
アルカーが、過去にどれだけの「身代わり」を使ったのかは分かり
ませんが、彼の周りの人間が、数年単位とは言え、異常に早く老化
し、次々に死んだら、疑われると思うのですが・・・

また、一旦老化したのに、リンクを切ったら若返る、というのも、
ちょっと、都合が良過ぎるかも。
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 20:01
アルカーが最終的には死んだので、胸がスッとしました。マリーナ・サーティスの衣装は見所ではありますが、内容としては新鮮味に欠ける印象です。
投稿者レイン 日時2005/10/20 19:05
ディアナのセクシーな姿が一番の見所というのは、ちょっと寂しい。人がごく短時間で歳を取ったり若返ったりするという設定に、かなり無理がある。
投稿者るるる 日時2005/10/29 22:43
こいつだけは許せん!!
(`・ω・)
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG