USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第160話 "Attached" 「混迷の惑星ケスプリット」

プロローグより
第7シーズン 製作番号260 本国放送順159 日本放送順158
放送日1993/11/8
宇宙暦47304.2 [西暦 2370年]
監督Jonathan Frakes ジョナサン・フレイクス [ライカー]
脚本Nicholas Sagan
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.13」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD: 「新スター・トレック シーズン7 Vol.1」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第54号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
66/100点 [投票数 17]
旧E.N.H.
コメント
構成的に先が読める。ただし、艦長とドクターの会話は良かった。 - ぶんた
感想 投稿者背番号26 日時2002/12/4 22:48
ロマンス?オンリーでは47分はもたないよー。もうひとひねりあればなあー
投稿者USSタイタン 日時2002/12/5 00:00
ピカードが今まで秘めてきた思いに感動した。またドクターの自分の軽い一言が、人を傷つけてしまうことに悩んでいたことなど、さすがファイナルシーズンだけあって、今まで描かれなかった深い部分が語られて見ごたえがあった。最後のピカードの表情もよかった。

ピカードのクラッシャーに対する秘めた思いがよかった。また自身がなくてもあるふりをし部下を勇気ずけるピカードはすばらしい。自分の気分で引きこもるジェインウェイとはえらい違いです。
投稿者城井 日時2003/4/10 17:09
・オーストラリアには、そんな事があったんですね(;^_^)
・よく見る、透明な球体の中に、稲妻が走るやつがありましたね
・やけに簡単に脱出出来ましたが、狂言か?(;^_^)
あの装置も、全く役に立ってないし
まぁ、あの装置は、艦長達 2 人のエピソードの為のおまけ、ですな
・何故、ピカードとビバリーが離れると、駄目なんでしょう
あの装置に、そんな効果は無意味ですが・・・
・焚き火は、どの様に点火したのだろう?
・ピカード、あんな寝方したら、頭が熱いのでは・・・(;^_^)
・最後に、テレパシーの制御に関して、カウンセラーと会話があっても良かったかな
でもまぁ、ピカードとビバリー 2 人のエピソードの様だから、駄目か
・しかし、あんなに対立していても、工作員が沢山入り込んでいるんですねぇ
・途中の洞窟でのあの爆発からは、絶対に逃げられないと思いますが・・・(;^_^)
・あんなに簡単にフォースフィールドが破れるなら、張る意味がないのでは(;^_^)
・艦長の様々な決断/命令等は、実はあんな風だったのですね(;^_^)
勿論、全部ではないのでしょうけど
・あんなに入りたがるのは、連邦に加盟すると、相当メリットがあるのかな?
投稿者makoto 日時2004/9/17 02:57
ピカードとビバリーが拉致され精神リンクで互いの気持ちが読めるようになっていた。。最後の艦長の部屋でBGMが印象的なシーン。新しい関係に踏み出せる可能性に前向きのピカードと戸惑うビバリー(微妙でオトナだね!)

一番近くにいるライカー監督ならでは人物主体のしっかりした描写。惑星代表とのコント?はお手のものですね (^_^)
投稿者ころすけ 日時2005/8/14 00:58
7シーズン目にして初めて語ることが可能な、そして見る側も7シーズン目だからこそ理解できる、艦長とビバリーの微妙で切ないロマンス。でも艦長?7シーズンで結構いろんな人とのロマンスがありませんでしたか?
点数については、ディアナを含めたST歴代ヒロインの誰よりもビバリーに惹かれるという個人的事情のための大甘な評価との自覚はしております。
投稿者子守男 日時2007/5/15 00:33
艦長とドクターのストーリーと、ケスプリット対立のストーリー(とチープなガジェット)との落差が大きいのが惜しい。
2人をめぐるストーリーが印象深いだけに、これを引き立てるのにもっとふさわしいサブストーリーは考えられなかったのだろうか。
それにしても Attached という原題に比べて、邦題は味がなさすぎ。
投稿者ラコタ 日時2008/2/19 03:56
ピカード艦長とドクターのラブストーリーはまだいいとしよう。

正直言うと、あのケスとプリットの言い争いが情けない気がする。
コレが現実でも起きているわけだから、恥ずかしいな。
どっかの誰かにこのエピソードを見せてやりたいな。
このエピソードに含まれているメッセージは多分、
「対立しても無駄」あるいは「漁夫の利」といった、皮肉な話。
とりあえず、艦長とドクターの話だけで点数をつけた。
投稿者レイン 日時2009/3/28 16:56
ケスプリットの対立がメイン・ストーリーかと思っていたら、実際はピカードとビバリーの大人の恋話がメインだった。後者だけで1本のエピソードを作って欲しかった。ケスプリットの話がつまらないので、ラヴ・ストーリーが水で薄めたワインのようになってしまった。
ラストは、余韻があって良かった。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG