USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第162話 "Inheritance" 「アンドロイドの母親」

エピソードガイドへ
プロローグより
第7シーズン 製作番号262 本国放送順161 日本放送順160
放送日1993/11/22
宇宙暦47410.2 [西暦 2370年]
監督Robert Scheerer
原案Dan Koeppel
脚色Dan Koeppel, Rene Echevarria
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.13」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 7」 (パラマウント) Disc 3 収録
DVD: 「新スター・トレック シーズン7 Vol.1」 (パラマウント) Disc 3 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
1020304050607080
84/100点 [投票数 28]
旧E.N.H.
コメント
人間以上に人間らしいデータ - 松岡悦雄

心温まるエピソードです。

データの親族はラル以来だったので感激 - 大分きもと
感想 投稿者てふてふ 日時2000/10/18 23:39
白眉のピノキオストーリー!
投稿者灼熱.com 日時2001/2/11 00:10
データの子供の頃(出来た頃)の話があって面白い。
投稿者アールグレイ 日時2001/4/11 02:55
データのストーリーは感動的。データがアンドロイドだから素直に感動できるのだろう。
投稿者アールグレイ 日時2001/4/14 03:12
またトロイがいらんこと言って、と思いましたが、トロイのアドバイスは正しかったと思います。データが自己の欲求より、他者への思いやりを優先するのは、プログラムされているからなんでしょうけれど、それにしてもデータは立派な人間です。スン博士のメッセージを伝えるときに涙が出ました。私もああいう子供が欲しいです。
投稿者SA23 日時2002/12/19 01:08
本人に真実を告げるかどうかは、非常に難しい問題。こんな難しい判断を出きるデータは、もう立派な人間です。

真実はふせておいたほうがいいという典型的な例。データは人間以上にやさしさというものをもっていると思います。
投稿者背番号26 日時2003/3/6 22:46
TOSの「コンピューター人間」を見ているようでした。
自分がアンドロイドである事に気づかないなんて事はありえるだろうか。「シックスセンス」「アザーズ」「黄泉がえり」・・・この種のネタは見ている方は面白いが、本人達が事実を知った時のショックは計り知れないでしょう。データ主役のエピソードはどの作品もなかなかですね。
投稿者wineglass 日時2003/4/8 01:31
愛する者を失った科学者が、科学の力で愛する者を甦らせたという行動は、まさにアトムの誕生日に相応しいエピソードだと思いました。
本人に真実を告げるかは別として、本人も気が付かない程のアンドロイドを創り心を移すというのは、科学に対する人間の夢だと思いました。
投稿者城井 日時2003/4/13 17:29
・ラルの絵が出てきましたね
ちゃんと、以前のエピソードも、踏まえられているんですねぇ・・・
・以前も思ったのですが、バイオリンとかビオラ、役者さんが、ちゃんと自分で
弾いてますよね?
もし、その為に練習したとしたら、偉いなぁ・・・
実は弾いてなかったりして・・・(;^_^)
・フェーザーで開けた長ーい竪穴をちらっと見せる辺り、演出が巧いですねぇ
・飛び降りる時、デイタは大丈夫、って言ってますが、そりゃアンドロイドは大
丈夫でしょうが、人間には無理なのでは(;^_^)
デイタが抱き抱えてもくれてないんだし(;^_^)
・デイタと同じ様に、見た目は老化する、って、デイタは老化してるの??
・スン博士の妻、デイタの母、って設定は、昔からあったのかな?
・しかし、スン博士、って、とてつもない超天才ですねぇ・・・
あの時点で、未だ、デイタの様なアンドロイドは彼一人、だし、医者がスキャ
ンしても人間だと思う様なアンドロイドを作れるなんて・・・
・真実は、誰もが伝えない方が良いと思う筈で、その通りになったのはちょっと
でもまぁ、伝える選択をすると、一話では済まないか
投稿者Atad 日時2003/7/4 23:30
データは本当に素晴らしい。
彼の人間に近づこうとする努力とその成果が少しずつ出てくる
様は我が子の成長を見守る親のようだ。
この話でローアの前に3体のアンドロイドが作られたとありますが
その内の一体が映画ネメシスで出てくるβー4なんでしょうね
投稿者はげ 日時2003/9/14 00:39
母親役の人≪DS9≫に出てました。
投稿者コロニー落とし 日時2004/2/17 13:38
演奏会のバイオリンとビオラで弾いていた曲は、
誰の何て曲?知っている方は教えて下さい。
投稿者MoMo 日時2004/2/26 01:11
二人が弾いていた曲ですが、ジョージ(ゲオルグ)・フレデリック・ヘンデル作曲「パッサカリア」(passacaglia)という曲です。
もともとクラヴィーア(鍵盤楽器)用に書かれた曲で、それをヨハン・ハルヴォルセンという人がヴァイオリンとヴィオラ用に編曲したそうです。

データって、やさしくて、誠実で、頼りになるけども、たまに笑えて、
こんな友達がいたらいいなあってほんとに思います。
ジョーディがうらやましい!!
投稿者cyuki 日時2004/9/29 01:46
久しぶりに、DVDで見返して考えさせられると共に、感動しました。真実を告げるかどうかの話し合いもそれぞれに意味が深く考えさせられました。我々にも肉親に対し、辛いことを告知しなければならない時はどうするだろうか?そんな思いが心をよぎった作品でした。
投稿者ころすけ 日時2005/8/20 20:07
この邦題はなかなかGOODですね。真相をズバリ表現しながらもネタバレではない。
冒頭でデータに母親が居たと驚かせ、子供を見捨てた母親の心の葛藤が主題かと思ったら、さらに意外な展開。それを単なるサプライズに終わらせずに告知するか否かという問題を提起する。とても40分強のTVドラマとは思えぬ濃い内容はTNGの真骨頂ですなぁ。
投稿者IKN007 日時2006/3/6 20:17
このエピソードのラストで母親に真実を告げずに見送ったデータの姿に孤独感をひしひしと感じました。
アンドロイドであるからこそ、データの家族エピソードは一番切実で濃い内容になってますね。
投稿者てけてけ 日時2006/5/5 17:05
真実を知る勇気は必要ですが、世の中そんなに強い心の持ち主とは限らないし、(ピカード艦長やドクタークラッシャーはかなり強そう)
世の中には知らないほうが幸せということも有るというのも事実。

ただ、そんな単純な話ではなく、データが人としての思いやりや優しさなんかを、
より人間らしく振舞った心温まるエピソードでした。

それにしてもスン博士ってすごい人だねぇ。
投稿者てら 日時2006/11/29 21:53
物語の設定上、それを言っちゃおしまいよ、というのは充分理解した上で、それでも食物を消化したり、排泄行為を行ったり出来るアンドロイドを生み出す事が出来るなら、やはり、スン博士は医者になった方が良かったのでは・・・。
カークの時代にスン博士が居れば、パイク艦長もあんな姿のまま生涯を送らずに済んだでしょうに・・・。
投稿者子守男 日時2007/5/20 23:26
いくらなんでも自分がアンドロイドであることがわからないなんてありうるわけないだろう、という疑問が野暮に思えてきますね。いいエピソードでした。
投稿者ヒデリン 日時2008/2/12 16:28
データが最後に言った、スーン博士が一番愛してたのはあなたという下りは、どこから得た情報かというのを疑問に思わないのかと思いました。
投稿者レイン 日時2009/3/28 17:02
TNGもさすがに第7シーズンまで来ると、そろそろネタ切れかなと思わせるエピソードが多くなるが、「アンドロイドの母親」は違う。ジュリアナ・テイナー博士の台詞の膨大な量だけみても、このエピソードが時間を掛けて練り上げられた力作だということが分かる。「アンドロイドの母親」は、脚本、演出、演技のどれもがレベルが高い。TNGが一流のSFドラマであり、一流のテレビ・ドラマであることを証明するような作品だと思う。「アンドロイドとは何者か」という、いかにもSF的な命題に答えようとする作り手の姿勢が、SFファンには感動物だし、母子の情を描いたヒューマン・ドラマとして共感できる作品に仕上がっていることが、海外ドラマ・ファンには嬉しい。

データが母親の特異性に気付くシーンのブレント・スパイナーさんの演技は絶妙で、ドラマを見終わった後も、繰り返しチェックしたくなる。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG