USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第19話 "Coming of Age" 「宇宙戦士への道」

プロローグより
第1シーズン 製作番号119 本国放送順18 日本放送順17
放送日1988/3/14
宇宙暦41416.2 [西暦 2364年]
監督Mike Vejar
脚本Sandy Fries
1988年度エミー賞 メーキャップ賞ノミネート
メディアビデオ: 「スター・トレック '88 新・宇宙大作戦」シリーズ 『驚異のスペーステスト』 (CIC・ビクタービデオ)
LD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.2」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 1」 (パラマウント) Disc 5 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
68/100点 [投票数 13]
感想 投稿者kant- 日時2000/11/12 23:29
ピカード提督かぁ〜。。。似合いそうなものだな;;
家族意識が高いというのは、スタートレックシリーズに
おいての一つのキーワードでもあるし、うなずけるな。
今回は冒険者ではなく、各隊員の意識を話にしていて
案外面白かった。
大気圏でシャトルを弾き飛ばす方法は、20世紀から
解っている方法なのに、なぜみんなきづかないんだ!
24世紀は、ある意味で抜けてるところがあると感じた
投稿者ガル・ピカード 日時2002/12/2 22:38
レミックは嫌なやつでしたが、それは宇宙艦隊監査局員としての職務をまっとうした結果。ラストのエンタープライズに志願する姿に胸が熱くなりました。なのに、なぜレミックを殺してしまったんだー!クイン提督は残れたのに。後の流れは納得がいきません。
投稿者背番号26 日時2003/7/14 22:25
この時提督としてアカデミーに行っていたらロキュータスにもならなかったでしょうし、ジェインウェイン艦長にも先を越されなかったでしょうに・・・ あれっ、シンゾンも生まれなかったのか、という事はロミュラン帝国の現状はどうなっていたのでしょうか。
というより地球人は「ファーストコンタクト」でボーグに同化されてしまっているから連邦も存在してないか・・・
スタトレ映画の「FC」の次は「叛乱」じゃなくて「ボーグ対生命体8472」になっていたかも・・・  カークといいピカードといい重要な人物なんですね。
投稿者Kanaru 日時2003/8/20 18:36
いくつものお話を組み合わせた中休み的なエピソードですね。
ここまでのエピソードの話題が出てきて、復習ができました。
(ただし、過去のエピソードをちゃんと見てないと、レミックとクルーの会話は理解できませんが)
しかし、それぞれの話が、ちょっとしたいい話で、
全体としても上手にひとつのエピソードにまとめられていました。
ウェスリーのアカデミー試験の話もよかったし、
シャトルを盗んだ少年へのピカードの指示もかっこよかった。
レミックは、なんてイヤな男だろうと思ってみてましたが、
本当は職務のためやむを得ずやっていたんですね。
大きな事件はなかったけれども、心温まる話でした。
投稿者レイン 日時2005/4/24 19:46
話のメインは、ウェスリーのアカデミー入学試験なのだけれど、TNG全体としては、ピカードが提督の椅子を蹴ったという出来事の方が重要なのではないだろうか。私自身このエピソードについて、再見するまで覚えていたのは、ウェスリーについてではなくピカードの言動だった。
投稿者makoto 日時2005/5/3 19:48
ジェイクに「最後に頑張ったことを忘れるな」、ウェスリーに「全力を出したか」と声をかけるピカード。逃げてはダメだと手綱を引くことも忘れない。本当によき教育者ですよね。昇進の話を蹴るライカーもそうだったが艦を愛してるのがよく分かる。
投稿者msft 日時2008/7/31 08:51
「ソルダン人に水掻きがあったなんて」台本にツッコミをいれるとは大胆なモードック。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG