USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第56話 "The Price" 「非情なる駆け引き」

プロローグより
第3シーズン 製作番号156 本国放送順55 日本放送順54
放送日1989/11/13
宇宙暦43385.6 [西暦 2366年]
監督Robert Scheerer
脚本Hannah Louise Shearer
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.5」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 2 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
102030405060
58/100点 [投票数 17]
感想 投稿者ろっきゅん 日時2002/3/7 11:35
このワ〜ムホ〜ルが後のヴォイジャーに繋がるので辛うじて20点です。これは見直すモノではありませんね・・・・。スタートレックなのに・・・・あの三文しばい・・・泣きそうです。
投稿者伴和典 日時2002/4/20 15:21
フェレンギ星人が何万光年の彼方から帰るまで70年後とは最高
その後ボイジャーでそのフェレンギ人が出てきた時はもう感動物
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/4 16:56
忘れそうで、忘れられない作品の一つ。そして、ヴォイジャーの「救世主フェレンギ」でまた鮮明に思い出しました。フェレンギの欲の深さは天下一品ですね。それでいて、なかなか侮れない戦闘力をもっており、また女性は服を着ないという・・・。まだまだ謎の多い種族です。
投稿者Atda 日時2003/6/7 15:24
調査船が帰ってきて取引決まった後のライカーは実に嬉しそう
な表情で印象に残りました。
といってもライカーはあの性格上艦長とは違いよく笑顔は見せる
ので珍しい訳でもないですが。
ときにビバリーとディアナのストレッチシーン見る限りビバリー
って結構体かためかも?
年のせいとか言ったら怒られそうですね
投稿者背番号26 日時2003/9/7 19:24
ディアナの男性遍歴をまとめたら一冊の本ができるでしょうね。
ライカーも自分の妻の過去の男達全てを知っているのでしょうか?
投稿者ころすけ 日時2003/11/15 15:33
STお得意の安直なロマンスは食傷気味。ただ、ボイジャのエピソードへつながるところは、銀河系の各宇宙域で細かく設定を決めているSTシリーズならでは。それをひそかに「知ってるぜ」とつぶやきニヤニヤするのがトレッキーの喜びです...???
投稿者万年下士官 日時2004/4/2 20:29
ワームホールの登場はST史上重要な事ではありますが、それ以外は力不足だと思います。トロイが色々な衣装で出てきたから、彼女の熱心はファンなら楽しめるとは思いますが・・・・
投稿者Kanaru 日時2004/11/6 18:12
邦題の通り、交渉での駆け引きが中心だったと思いますが、
ディアナのロマンス、フェレンギのどたばたがあったりして、全体のテーマ性がはっきりしない。
それに、ディアナに言い寄ったあの男がかなり不愉快な奴で、見ていて楽しくなかった。
でも、ワームホールの設定が後のDS9へ、デルタ宇宙域に取り残されたフェレンギがヴォイジャーに登場するなど、STの世界に受け継がれているのは、ファンとしてはうれしいですね。
投稿者モイラ 日時2005/5/20 15:45
ディアナのロマンスのお相手がどうにも…。
もうちょっと説得力のある容姿だったらまだ納得できたのですが。
決して不細工じゃないけど、傲慢さもあいまって一目でいやな感じの人だし。
JAGのミックを連想しました。ギョロメのところも似てるし。

のちのVOYにつながるという点だけでしか評価できないエピソードでしたが、細部は楽しめました。
ビバリーとディアナの体操シーンはお色気ってことでしょうか?あの衣装はいやだなぁ。
確かビバリーの女優さんはダンスが得意だったように思うのですが、やはり立ち姿がきれいでした。
ディアナはちょっと開脚前屈のシーンでおなかのお肉が…。
投稿者miyoshi 日時2005/5/21 10:58
フェレンギの艦長の声はクワークの声のような気がする・・・
投稿者ヒューベリオン 日時2005/6/2 20:20
ディアナのロマンスを描くバックの音楽が良い。愛する、恋するということは、相手を自分の物にすることではないのだ、というメッセージは心に響く。これを見た10数年前、私もそうした問題にぶつかっていた。
投稿者レイン 日時2005/7/2 18:14
誠実な性格のディアナと、不誠実な性格の相手の男。同じベタゾイド人として恋に落ちながら、二人の人間性の本質的な部分の違いから、少しずつ気持ちにずれが生まれていく過程が、なかなか良く描けていたと思う。
ディアナのレオタード姿は、男性視聴者として喜ぶべきなのか悲しむべきなのか微妙だった。レオタードのピンクとグレーのカラー・コーディネートが最悪だということだけは、はっきりしている。
投稿者gugugu 日時2005/12/15 21:58
三つ巴の入札合戦というシチュエーションが面白かったです。
置き去りになったフェレンギがちょっとかわいそう。
ディアナは太っている。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG