USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第72話 "Menage a Troi" 「愛なき関係」

プロローグより
第3シーズン 製作番号172 本国放送順71 日本放送順70
放送日1990/5/28
宇宙暦43930.7 [西暦 2366年]
監督Robert Legato
脚本Fred Bronson, Susan Sackett
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.6」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 3」 (パラマウント) Disc 6 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第96号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
メモ 最後にウェスリーが少尉へ昇進
点数
102030405060
63/100点 [投票数 12]
感想 投稿者ブリッジャー大佐 日時2000/01/24 23:43
ウェスリーが代理少尉から本物の少尉に昇格する場面です。
艦長は、ウェスリーが自分のアカデミー行きを犠牲にしてクルーのために務めてくれた事を考慮した上で昇格を決定したようです。
その時の艦長がとてもいい父親のような存在に見えて、改めてピカードという人物が好きになりました。
あと、艦隊の制服を着た初々しいウェスリーの姿にも涙・・涙・・・

ウェスリーよ、君はいい人達に囲まれて幸せ者だ!!
投稿者USSタイタン 日時2002/8/1 20:23
ラクサナを連れ戻すためのピカードの演技が最高。
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/4 18:36
またもフェレンギの悪事をクローズアップした作品。そこにラクサナが加わり、またウェスリーがアカデミー再受験と、いっぱいいっぱいです。
全体として、インパクトに欠ける印象。最後のウェスリー昇進のみが、鮮明に記憶に残っています。
投稿者Atda 日時2003/6/11 18:21
もうずっと少尉と呼ばれていたので何時の間にか代理の文字が
取れたと思ってたんですが、そうではなかったんですね。
しかしラクサナはピカードにとってはなんというか「天敵」
みたいですね。
ラクサナに言い寄られる艦長の様子は見ていて楽しいです。
投稿者背番号26 日時2003/10/2 21:47
ラクサナが出てくると面白くなりますが、今回はフェレンギとの絡みなので今一つでした。 ウエスリーは今更アカデミーに入学しなくても良いのでは・・・
投稿者ころすけ 日時2003/12/14 18:09
前半は今ひとつだったが、艦長の愛の言葉、おかしくておなかがよじれそうだった。緊急事態でもないのにワープ9を命じるし。まあ、緊急事態と言えないこともないか。ラクサナは困った人だが、たまに出てくると楽しい。
投稿者万年下士官 日時2004/4/2 20:31
ウェスリーの昇格、ピカードの最後の大告白(?)。この二つだけでも重要です!!
投稿者ひゅーべりおん 日時2005/6/14 07:23
ラクサナは、キューと同じく、忘れた頃に出てきてはかき回すトリック・スター的な役割ですね。
悪役であり、また、見にくい存在としてフェレンギ人のキャラクタが使われていますが、TOSでは、こういう役はクリンゴンに振られていました。(そういえば、フェレンギのドクター?が用いていたあの心理分析機は、TOSのオルガニア星で、クリンゴンがスポックに使った恐ろしげな機会に似ていますよね。)
スタトレの世界で、クリンゴンは今や単なる悪役から昇進して連邦の同盟者となり、それなりの深みと広がりを与えられています。
フェレンギにしても、DS9では、特にクワークの活躍によって、一つの規範を持ち、甘さも辛さも知る文明人に昇格するわけです。
そういう全体の流れを踏まえて見れば、許せないこともないのですが、この段階ではフェレンギの描き込みが短絡的で、幾分無理があるようです。
ピカードの「素人芝居」も、ちょっとカークの悪乗りを思い出させますね。
投稿者レイン 日時2005/7/23 10:28
ピカードがフェレンギに対して一芝居打つシーンは、シェイクスピアなどの古典劇の軽いパロディになっている。あの場面はオリジナル音声で、パトリック・スチュワートさんの歯切れの良い台詞回しを確認しておきたいところだ。
投稿者夜間非行 日時2006/4/20 01:17
うーんこれははっきり言って散漫なエピソードですね。ルワクサナ(ラクサナ)の女傑ぶりを描きたかったのか、フェレンギの設定を掘り下げたかったのか、ウェスリーの昇進話なのか、焦点が定まらない(そのせいか?ベヴァリーの出方も中途半端)。面白かったのはピカード=ステュワート氏の演技だけという感じでした。こんな中途半端なストーリーになったのは、何か事情があるのでしょうか?

それにしてもいくら才能と貢献度が抜群とはいえ、なんでアカデミーにも入っていないウェスリーが少尉になれるのでしょうか。正式にそうなったのだとしたら、誰の権限で? 艦長のピカードの一存では無理だと思うのですが・・・。とにかく無理があるように思います。代理少尉のままでもストーリー展開上問題はないはずなのに。

しかしTOSの美女役メイジェル・バレットを最初に見ていたファンとしては、ルワクサナは出るたびに衝撃です。バレットさん本人は楽しんで演技しているのかもしれないけど。
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG