USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG

Episode Promenade: TNG

第94話 "Qpid" 「QPID」

プロローグより
第4シーズン 製作番号194 本国放送順93 日本放送順92
放送日1991/4/22
宇宙暦44741.9 [西暦 2367年]
監督Cliff Bole
原案Randee Russell, Ira Steven Behr
脚色Ira Steven Behr
メディアLD: 「新スタートレック STAR TREK THE NEXT GENERATION LOG.8」 (パイオニアLDC) 収録
DVD: 「新スター・トレック DVD コンプリート・シーズン 4」 (パラマウント) Disc 5 収録
DVD: 「スター・トレック Q ボックス」 (パラマウント) Disc 2 収録
DVD 雑誌: 「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」 (デアゴスティーニ) 第103号収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
70/100点 [投票数 17]
感想 投稿者ジャンリュック 日時2001/5/20 21:07
ピカードの恋愛。やはり仕事上許されないのか…。
Qがまたいい味を出していた。題もなかなか…。
ロビンフッドを用いた点も非常に良かった。
投稿者memorybeta 日時2002/2/10 06:59
そりゃあ‥タデくう虫も好きずきだけどさぁ‥この女はなぁ‥。DS9で勤務中のオブライエンの言うことがもんのすごく納得できる。
投稿者データ 日時2002/12/20 12:47
刺さるとこ最高(笑)
投稿者城井 日時2002/12/30 00:04
カウンセラーが放った矢が、目の前の木に当たらず、カメラがパン
すると、その木を見ていたデータの気付かぬうちに、胸に刺さって
いる所で、大笑いしました。
本エピソードに限りませんが、過去に出たゲストが、以降の、(シー
ズンが違ったとしても) エピソードに出るのは、とても面白いです
ね。
投稿者(匿名) 日時2003/3/13 02:27
あの女性とピカードとの対比がおもろいんじゃないかー
漫才みたいですごく楽しめた
投稿者ガル・ピカード 日時2003/5/5 16:39
このエピソードの続きは、DS9の「超生命体"Q"」でも描かれていますが、非常に遊び感覚に溢れた作品だと思います。
コミカルな演出(トロイの矢やウォーフが破壊したマンドリンなど)もよかったと思います。各人の個性が最大限に出ていた気がします。トロイが、弓を絞って片目で狙いを定めるシーンはすごくキュートでした。
投稿者Atda 日時2003/6/17 02:52
最初のドクターとバッシュの対面シーンが何か見えない火花
でも散ってるようで面白かった。
ビバリー役の人の演技が良かったのかな。
しかしバッシュって見ていて何かに似てるなあって思ってたん
ですが、あれですね。 峰不二子。
Qが出てくる話ではああいうゲストとかと関わりを持つ話がでて
くるとは思わずちょっと意表を突かれた感じ。
次にQが出てくる時はバッシュはどうなってる事やら・・
投稿者ふぁんとれ 日時2003/10/31 20:02
楽しめる一話だったが、Qネタとしてはいまひとつの出来だったと思う。なんでいきなりロビンフッドやねん?ってのが最大の疑問。まあこの種の謎はスタトレでは良くあるけど(笑

バッシュが次に登場するのはDS9でですが、彼女はこのときからずっとQといっしょにガンマ宇宙域などを旅していたのですね〜。
投稿者背番号26 日時2003/10/31 20:24
Qが出てくるだけでゲンナリです。 ピカードの恋愛物もあまり好きではありませんが、まさかロビンフッドとは・・・・
榊原郁恵の古い歌を想い出してしまいました。
投稿者ころすけ 日時2004/2/28 19:47
ライサのエピソードのときに、「結局ビバリーには詳しく話せない休暇だったような」と感想書いたんだけど、こんなところでバレちゃうとは。Qの書いた筋書きすらぶち壊してしまうバッシュの強烈なじゃじゃ馬ぶり、好きだなぁ。
投稿者(匿名) 日時2004/4/29(木) 01:06
中身のないコスプレドタバタ劇。
投稿者(匿名) 日時2005/2/22 19:09
データのトンスラ頭が異様にプリティでした(笑
投稿者レイン 日時2005/8/20 15:43
せっかくQとバッシュという魅力的なキャラクターを登場させたのに、どうにも冴えないエピソード。
ロビン・フッドのコスプレが間が抜けていて、つまらない。間抜けな感じを狙っているのも確かなんだけれど。
投稿者DD 日時2006/4/30 12:38
オロオロするジャン・リュックは最高に面白い。
しかしバッシュみたいな高慢ちきな女はどうしても好きになれん。
投稿者子守男 日時2006/7/9 01:19
もともとQが出てくるストーリーは面白いと思うものがないが、今回は輪をかけてヴァッシュもいただけない。前回出てきたときは才気煥発で、ピカードが惹きつけられてもおかしくないかと思ったが、今回はただのわがまま女という感じで、ピカードが相手にする女性としてまったく説得力がなくなっていた。
ストーリーも、ロビンフッドの物語を肌で感じることができない日本人として見ているせいとは思うが、必然性がさっぱりわからない。唯一笑えたのはトロイの矢がデータに当たってしまうシーンのみだった。
投稿者とっこ 日時2009/11/20 01:59
不二子ちゃんふたたび
大衆的な(子供向けの人形劇の演目にもなってるとか)ロビンフッド劇をシェークスピア役者のパトリック・スチュアートに演らせたところが、この話の妙味
ロビンフッドのお話知ってると面白さ倍増なんですけどね〜
ピカード「私はイギリス人じゃない!」
えーw
何重のギャグかw
キングスイングリッシュ話したはりますやんw
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | TNG