USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY

Episode Promenade: ヴォイジャー

第135話 "Tsunkatse" 「囚われのファイター」

エピソードガイドへ
プロローグより
第6シーズン 製作番号232 本国放送順134 日本放送順135
放送日2000/2/9
宇宙暦53447.2 [西暦 2376年]
監督Mike Vejar
脚色Robert Doherty
公式サイト予告編・画像
メディアDVD: 「スター・トレック ヴォイジャー DVD コンプリート・シーズン 6」 (パラマウント) Disc 4 収録
前前のエピソード 次のエピソード次
点数
10203040506070
71/100点 [投票数 23]
感想 投稿者エンリュウ 日時2001/7/20 02:07
何か、意外とおもしろかったです!
私、実はこういうスポーツはあんまり好きでなくて(あの場に居たら喜んでドクターのお伴をしたことでしょう)、話を楽しめるか心配だったのですが、なかなかおもしろかったです。
「どんなことをしてでも生き残れ」とか最後のシーンとか、「トゥヴォックさんってやっぱりすごく優しい人なんだなぁ。」と、改めて感じてしまいました。

個人的に、最後の方で「戦利品だ。」といってバッジ(?)を差し出すヒロージェンがなかなかかわいらしく感じられてしまいました。(やっぱり問題アリですかねぇ・・・。)
「思い出に」とか素直に言えないんですね。

本編と関係無いんですが、私はこういう格好のセヴンの方が好きですねぇ。
普段の赤い服は色っポすぎて苦手なんです(笑)。
後々こういうコスチュームでもっと出てこないかなぁ・・・。

更に余談なんですが、「ヒロージェンって、意外と目がつぶらでかわいいじゃない!」と思ってしまいました。ごめんなさ〜い!
投稿者けい 日時2001/7/20 20:40
セヴンの闘う姿、かっこよかったです!
でも、痛そう・・・
セヴンの活躍が見れてよかった。
そしていつも思うんですが、
仲間のために自分を投げ出せる、命もかけて・・
「あなただってそうする」と簡単に言って・・
そこに感動してしまいます。
セヴンに限らずみんなもそうだけど・・
わたしたちにはまだまだたどりつけない・・
でも、映画でもなんでもそういう姿を見ると感動します。
ツヴォクの「生き延びろ」の言葉も胸を打ちます。

セヴン、あなたはそれが愛だと気づいていますか?
投稿者ウルトラセブン 日時2001/7/21 16:50
今回、SEVENが人間性へ一歩近づいたと、バルカン君からいわれるシーンは、やっぱりバルカン君は、良い事言うな〜っと、感動した。(;_;)
SEVENのあの葛藤する表情もまた、人間性に満ち溢れていて、好きだ。
人間以上だよ。
SEVENのコスチューム、ファイターになるシーンは、カッコ良すぎです。憧れますね。
彼女のあのカッコよさは、何か一本映画が作れそうです。
チャーリズ・エンジェルスとか、007のボンドガールいや、007女性版ですかね。とか、いけそうですね。
投稿者ノース 日時2001/7/22 19:09
今はやりのバーリトゥドの話ですね。
ハムナプトラ2で名演技を見せたWWFのザ・ロックもちょい役で出てるし。やっぱ、レスラーは強いですね。
セブンの肉体的な強さと精神的な強さを改めて知る。
投稿者せつな 日時2001/7/26 23:10
アクション映画感覚で楽しめる秀作。
投稿者motie 日時2001/8/4 00:49
ここのプロダクションはDS9もそうですが、殺陣に力が入ってますよね。それの総括みたいでした。思わず、ジェリ・ライアンさんご苦労様、と声をかけたくなってしまいました。思うに短期のうちに殺陣を習得されたのだろうと思います。頭下がります。(笑)
戦闘で吹っ飛んでもただの転び方はしない、これがSTマインドです。
投稿者レイヴン 日時2001/9/26 02:44
セブンの最初の対戦相手がロック様だった事が一番びっくりしました。
ピープルズエルボーは出ませんでしたね。
投稿者はっちん 日時2001/9/30 08:32
セヴンの格闘技シーン、さすがに結構決まってましたが(恐らくヴォイジャのクルーでは一番かと)、
女性の格闘技シーンといえば、「マトリックス」のトリニティですが、(こっちが先?)
そこまで華麗ではないとしても黒のタンクトップで決めポーズ(型)は、見惚れましたぞよ。
◇掲示板 Nine Forward
○No.14758 CS-VOY "Tsunkatse" 「囚われのファイター」
http://www2.g-7.ne.jp/~kyushu/bbs/pslg14758.html
投稿者(匿名) 日時2003/7/7 17:14
改めて見たら、ロック様が出演していてビックリ!もう、今じゃ、よほどの出演料と役所を用意しないと出てくれないでしょう。でも存在感はサスガだわ。
投稿者背番号26 日時2004/6/19 20:42
VOYとしては異色作ですが、なかなか見所の多い作品でした。女性の格闘するシーンは何故か力が入ります。「恋人はスナイパー」「千里眼」の水野美紀の格闘シーンにグッときた私にはセブンの格闘シーンにもかなり惹かれました。 あーVOYはいいなー
投稿者(匿名) 日時2004/7/19 11:52
何だかもったいないな〜って感じですね。 だってこれまで、ヴォイジャーのクルーはセブンに対して警戒していたでしょう? セブンを全面的にかばっていたのは艦長だけだったのに、この回ではみんなで助けようとするシーンが描かれています。何だか暖かくていいな〜と思ったのに、トッテモ不完全燃焼でありました。う〜ん何が悪いのだろう。多分設定にカナリ無理があったんでしょうね。

VGRでは、異性人やヴォイジャー以外の何かと絡む話になるとは不完全燃焼型が多いですね〜 これは、トレック故の難点と言えるのではないでしょうか?
VGRはサバイバルな内容だから、TNGのような安定したアルファー宇宙域のみに限定したという意味でのトレックは出来ないし、何より「股旅物」なので「宿場物」であるDS9のような完成度は望めないのでしょう。
かえって、ヴォイジャーという宇宙船の中で起こった様々な出来事に限定して、その生活の中で起きる人間関係や技術的問題などへの対処を描いたものの方が、観ていて面白いんですけど。
みんな力のある役者さんだから、一瞬の表情の変化(ケイトさんは一瞬で目の色が変るんだよね〜恐らく自律神経が発達していて瞳孔の開け閉めを心の動きで制御できるんだろうな〜)や、呼吸の合せ方とかセリフのトーン(ここの部分は英語で聞かないと分らないけどね)…とかいった部分を観ていると、と〜っても満足感のあるShowを観た!!!って感じるですけどね。
ここでひとこと言っておきますが、自分はどれも面白いと思っているんですよん!! だって、同じ設定の話が続いたらツマラナイでしょう? いろんな設定といろんな出演者がいるから楽しめるのだと思いますね。

個人的に嬉しかったのはジェフリー・コムズさんとJ・G・ハツラーさんの出演です。 どっちも特殊メイクしてるから、しばらく観ていないと分らなかったけど・・・
投稿者レイン 日時2004/7/21 23:55
これまで見てきたVOYのエピソードの中で、個人的なワースト・ワンである「史上最大の殺戮ゲーム」。その主人公だったヒロージェン人が再び登場したということで、嫌な予感を抱きながら見ていたのだけれど、その予感はいい方向に外れてくれた。
このエピソードの内容は、全くもって真っ当なものだった。
話の系統としては、セブンの成長ストーリーの部類に入るだろう。話のテーマは、格闘技を取り上げているエピソードらしく、セブンにとっての「力」と「人間性」の関係である。
セブンが肉体面でも頭脳面でも、人並み以上の力を持っているのははっきりしている。人がもし彼女のような力を持っていたなら、大抵それを誇示したくてしようがなくなるだろう。しかし力は、コントロールされないままストレートに使われると、問題を引き起こし、時には周囲に害を及ぼす。力を持っている者が、いかに力をコントロールするか、あるいは力を使わないようにするか − そこにその人物の人としての値うちが表れてくる。その点、このエピソードで描かれたセブンは、高いレベルの人間性を感じさせた。自分の力をコントロールできているだけではなく、力を他者に行使することの痛みを理解し、力というものに対して懐疑的ですらある。
ある部分ではセブンの人間性は、もう一般の人々の人間性の上を行ってしまっている。セブンの成長のスピードは早いから、師であるジェインウェイも、「異空生命体を呼ぶ者達」の時のように権力を振りかざしているなら、すぐ弟子に追いつかれてしまうだろう。
セブンはヒロージェンとの戦いで、もし途中で転送されていなかったら、ヒロージェンをどうしていただろう。命を奪っていただろうか。それはできなかったのではないかという気が私にはする。この見方は甘すぎるかもしれない。とにかく、人間としてのセブンが新たに手を汚さずに済んで、ほっと一安心である。
ラストのセブンとトゥヴォックの会話シーンがいい。「ボーグの絆を求めて」でチャコティが視聴者のセブンに掛けたくなる言葉を代弁してくれたように、トゥヴォックが視聴者の気持ちを代弁してくれた。トゥヴォックと同様、視聴者もセブンを「暴走した」と非難したりはしないだろう。トゥヴォックの思いやりのこもった言葉に返答するセブンの言葉には、彼女の人間としての正直さ、ごまかしの無さが表れていて、心打たれた。
投稿者makoto 日時2006/4/16 01:50
出た、格闘技もの! で、セブン様の雄姿にホレボレ(^_^) かのライアンさんはたくさん練習したんでしょうね。ペンクのいやみさ加減がいい味だしてました。
関係ないですが、昆虫ってくだらない物の代表なんでしょか...
投稿者tomi 日時2009/8/29 22:14
セブンは歌だけでなく体術もイケてるなぁ
ブロードウェイの人だったのかしらん
投稿
お名前 ハンドル・省略可、点数のみの投稿では不要


メールアドレス 省略可、非公開


点数 点数・感想のどちらかが必須 (両方でもOK)
/100点満点 最低 最高

感想


削除用パスワード 省略可、記事の削除に必要



USS Kyushuトップ | Episode Promenade | VOY